占いとは

占いとは、人の心や運勢、相性や未来など、直接みることができないものについて判断することや、その方法の事をいいます!卜占(ぼくせん)ともいいます。
鑑定する人のことを占い師・占い鑑定士・卜者・易者などと呼びます。

占いの由来

占星術などは、古代において天文学と関連したものといわれていましたが、現在は天文学が自然科学として発展したため、全く関係がないそう。風水においても同様、風水に地理の別名があるので、地理は社会科学の地理と地理による吉凶を占う地層術が渾然となったものでした。

占いの種類(占いの種類、命・卜・相)

占いは、大きく分けると命(めい)と卜(ぼく)、相(そう)の三種類に分けられています。
鑑定師は占う目的によって使い分けて組み合わせて占いをします。「五術」や「命・卜・相」は中国では一般的な言い方として知られていますが、日本には1967年ごろに台湾の(張耀文)が伝えたというのが最初と言われています。

※五術というのは、機能面からの分類で、方法論的な分類としては六大課とも言われ、太乙神数、奇門遁甲、六壬神課、河洛易数、星平会海、宿曜演禽、という六種の術数を、五術六大課と言います。

命(めい)について

命とは、運命・宿命などを占うもので、誕生した生年月日や時間、場所の要素も加えその人の生来の性格や傾向、人生などを占います。別名【推命】とも呼びます。

卜(ぼく)について

卜とは、人との関わり合いを占うもの。何かを決断するときなどに使う事が多く、卜によってある事を定めることを卜定(ぼくじょう)と呼びます。
一般的に時間や事象、方位などを基本に行います。花びらを1枚ずつつんで「スキ…キライ…」と占う恋愛占いや、えんぴつを転がして行う「えんぴつ野球」などもその一種。

相(そう)について

目に見える対象の姿や形で現在の人への影響や吉凶などをみる占いのこと。視覚心理学や図形心理学、音声心理学などで、ある程度は合理的な説明ができるものがるので、全てが非科学的だとは言えません。